スポーツ

佐藤一世(青学)のWikiプロフ!出身地や身長体重は?区間予想も!

佐藤一世と原晋監督

全日本大学駅伝のメンバーが発表されました。今年はコロナウイルス拡大の影響で出雲駅伝が中止となったため、これが大学3大駅伝の初戦となります。

青山学院大学では1年生の佐藤一世さんもメンバー入りしましたね。


佐藤一世さんのWiki風プロフィールで、出身地や身長体重などをご紹介します。

また、全日本大学駅伝や箱根駅伝の出走はあるのか、区間予想もしてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

佐藤一世(青学)のWikiプロフィール

青山学院の佐藤一世


青山学院のスーパールーキー佐藤一世さんのWiki風プロフィールをご紹介します。

  • 名前:佐藤一世 (さとう いっせい)
  • 生年月日:1998年 5月 8日
  • 身長:162 cm
  • 体重:44 kg
  • 出身中学:松戸市立小金中学校
  • 出身高校:八千代松陰高校(千葉県)
  • 5000mベスト:13:55.60(大学1年)
  • 10000mベスト:30:38.51(高校1年)

八千代松陰高校のWエースの一人


佐藤一世さんは千葉県の松戸市出身で高校は陸上の強豪八千代松陰のWエースの一人でした。(もう一人は順天堂大学の石井一希さん)高校時代は2人で切磋琢磨して強くなってきました。


タイムも実績も世代トップクラスの選手です。原晋監督の青山学院への入学が決まっていて注目を集めていました。


高校生最後のレースになった2月の日本選手権クロスカントリーU20の部でも、全体の2位に入りロードでの強さは証明されています。


入学してからも順調に練習をこなしていて、春の学内タイムトライアルではキャプテンの神林選手に付いていき13分48秒で走りました。


まだ1年生ですがハーフマラソンなどの長い距離に適正を感じます。

全国高校駅伝(都大路)で1位

佐藤一世さんは昨年行われた全国高校駅伝(都大路)のエース区間の1区で1位になっています。


しかも序盤から集団を引っ張り最後抜け出すといった強い勝ち方で、タイムも28分台の好走でした。

(ただ、タイムについては最近のシューズの影響もあると思います)


2位とのタイム差はわずかでしたが、タイム差以上に強い勝ち方でしたね。とてもガッツのある選手という印象です。


トラックでもタイムを出せますがロードでの強さが光ります。都大路を走るのは2回目で2年生のときも1区を走って区間2位と好走しています。


全国高校駅伝の1区で1位と言えば、青山学院の先輩の久保田和真選手がいますね。


久保田和真さんは青学四天王と言われた最強メンバーの一人でした。

スポンサーリンク

佐藤一世(青学)の全日本と箱根を区間予想

青山学院の佐藤一世


佐藤一世さんの全日本大学駅伝と箱根駅伝での区間を勝手に予想してみます。


今年の青山学院は2年生に強い選手が多くかなり層が厚いです。正直言って佐藤一世さんと同等レベルの選手がごろごろいます。


全日本大学駅伝は全部で8区間ですが、佐藤一世さんでも正直出走できるか微妙と言えるほど強いです。


例年であれば出雲駅伝が終わっているので結果や原晋監督の評価などが解ってもう少し予想がしやすいですけどね。

全日本大学駅伝

全日本大学駅伝のメンバー入りした佐藤一世さんですが、全日本大学駅伝は2区か5区あたりかなと予想します。


去年ルーキーの岸本選手が2区を走りました。もし2区であれば原監督は相当期待していると見ていいでしょう。


ただ、調子次第ではもしかすると補欠にまわるかも知れません。それほど今年の青学の層は厚いです。


今年の青学は1年生も強い選手がいて、同じくメンバー入りした鹿児島樟南高校出身の山内健登さんも佐藤一世さんと同等の力があります。


ただ、先程の2年生エースの岸本選手が故障のため回避したので走るチャンスはありそうです。

今年の全日本大学駅伝で注目なのは東京国際大学です。昨年も4位と健闘しました。

今年も8区アンカーにムセンビ選手を配置すればひょっとすると逆転優勝もあるかも知れません。

箱根駅伝

青山学院の佐藤一世


箱根駅伝は各区間の距離が長くなる上に10人になるので走る可能性が高いの
ではないでしょうか。もちろん調子次第ですが。


個人的には8区か1区かな予想します。8区は後半に遊行寺の登り坂がありますが、適正がありそうです。


4区も最後登りますが、原監督は2年前に4区で失敗して優勝を逃しているので4区は上級生に走らせるでしょう。


今年は上級生の選手層が厚いので、1年生にプレッシャーのかかる往路区間は走らせないと予想します。


ただ、全日本大学駅伝で好走して原監督から絶大な信頼があれば1区もあるかも知れません。


佐藤一世さんは高校時代から1区を走っているからです。集団走も得意でペースの上げ下げにもしっかり対応できます。

スポンサーリンク

まとめ

青山学院の佐藤一世さんについてご紹介してきました。


走りが粘り強く長い距離も走れる上にアップダウンにも強いので箱根駅伝向きの選手と言う印象ですね。


今年の青山学院は大学駅伝3冠をとってもおかしくない戦力でした。出雲駅伝が中止になりましたが、全日本と箱根は共に優勝候補筆頭です。


全日本大学駅伝は岸本選手が走れませんがそれでも強力なメンバーです。


学内のライバルが強いですが、切磋琢磨できるのが青学の強みでしょう。


佐藤一世さんの走りに注目です!


佐藤一世さんと同級生のライバル、順天堂大学の三浦龍司さんについてはこちら↓


スポンサーリンク