政治家

小野泰輔は海城高校の出身!東大合格者多数で偏差値は?有名人も調査!

小野泰輔

前熊本県副知事の小野泰輔さんが都知事選挙に出馬することになりましたね。

当初は一人で出馬する予定でしたが、参議院議員で維新の会の柳ヶ瀬裕文さんと同じ海城高校の出身と言うことで、維新の会の推薦を受ける事になったようです。

小野泰輔さんや柳ヶ瀬裕文さんが卒業した海城高校は、東大合格者も多数います。そこで海城高校の偏差値有名人を調査しました。

スポンサーリンク

小野泰輔は海城高校の出身!

小野泰輔

都知事選挙に出馬することになった小野泰輔さんは海城高校の出身です。

海城高校で新聞部の部長

小野泰輔さんは、東京目黒区生まれ。

小平市に移り小平第3中学校を卒業後、海城高校に入学しました。


中学時代は硬式テニス部でかなり強かったそうです。


海城高校でも硬式テニス部に入りましたが、ただ玉を好き勝手に打つだけで部活として成立していなかったためすぐに辞めています。


さらに新聞部の部長としても活動していたようで、当時から政治には興味があったと話されています。

学年で17番まで順位を上げる

海城高校は中高一貫教育なのですが、小野泰輔さんは高校からの入学です。


小野泰輔さんに推薦を出した、柳ケ瀬裕文さんは海城中学から高校に進んでいます。(上記画像で右側に見切れているのが柳ケ瀬裕文議員です)


海城高校は中学の頃から大学受験の問題を解いているそうで、公立中学出身の小野泰輔さんは、最初はついていけず学年で270番だったとの事。


三者面談で目標を聞かれた際、東大法学部と答えたところ先生から無理だと言われ一念発起して勉強しました。


その結果、学年で17番まで順位を上げたそうです!


この頃から都知事選に一人で出馬する不屈の精神が伺えますね!

スポンサーリンク

海城高校は東大合格者多数!偏差値は?

海城高校

海城高校は東大合格者も多数いる進学校で、小野泰輔さんも東大法学部に合格しています。

偏差値は72ですので超難関校です!

海城高校は元々は海軍予備校と言われ、海軍兵学校へ進学するためのエリート校でした。

当時、海軍兵学校の生徒の半数近くを海軍予備校の生徒で占めたため「海軍兵学校に進むには海軍予備校(海城)を経なければならない」とまで言われました。

当然歴史ある伝統校で創立は1891年です。場所は新宿区大久保にあります。

敗戦後、現在の海城高校に名称に変わり今に至ります。

海城高校出身の有名人は?

小野泰輔

海城高校は伝統校かつ、進学校なので有名人がたくさんいます。

  • 徳光和夫 (アナウンサー)
  • 倉田保昭 (俳優)
  • 益子修 (三菱自動車工業社長)
    木本茂 (高島屋 前代表取締役社長)
  • 柳ケ瀬裕文 (参議院議員)
    音喜多駿 (参議院議員)


徳光さんはエリートだったんですね。
何かイメージがないですが、よく考えてみると当たり前かも知れません。


音喜多駿さんは、小野泰輔さんを推薦した柳ケ瀬裕文さんと同じ日本維新の会のメンバーです。

奇しくも3人が同じ海城高校出身となります。

まとめ

小野泰輔さんの海城高校についてまとめます。

  • 小野泰輔さん、柳ケ瀬裕文さん、音喜多駿さんの出身校
  • 元々は海軍兵学校に進むための海軍予備校
    中高一貫教育の男子校で、東大合格者多数のエリート校

徒手空拳で突然出馬したイメージの小野泰輔さんですが、高校時代の同窓の仲間を得て選挙の体制が整ってきました。


勝敗はともかく都民に選択肢を与えることは重要だと思います。小野泰輔さんの出馬の理由もここにあるそうです。


大いに政策論争して成熟した民主主義を目指したいですね!

スポンサーリンク