歌手・アーティスト

鍋島直昶(なおてる)の家系と家族構成!曽祖父は佐賀藩主の鍋島直正!

鍋島直昶の家系と家族構成

ジャズ・ビブラフォン奏者の鍋島直昶(なべしまなおてる)さんが94歳でお亡くなりになりました。原因はコロナウイルス感染だったようです。


鍋島直昶さんの曽祖父は有名な佐賀藩主の鍋島直正(鍋島閑叟)です。


そんな鍋島直昶さんの家系と家族構成を調べました。

スポンサーリンク

鍋島直昶(なおてる)の家系と家族構成!

鍋島直昶の家系と家族構成


ビブラフォン奏者の鍋島直昶さんの家系をまとめます。(5代前から)


父系は代々肥前国佐賀藩の藩主になります。凄いですね!

曽曽曽祖父:鍋島 治茂 肥前佐賀藩8代藩主

曽曽祖父 :鍋島 斉直 肥前佐賀藩9代藩主

曽祖父  :鍋島 直正(鍋島閑叟)肥前佐賀藩10代藩主

祖父   :鍋島 直虎 肥前小城藩代11代藩主

父    :鍋島直顕 バイオリニスト

本人   :鍋島直昶 ヴィブラフォン奏者

息子   :鍋島直栄


鍋島直昶さんの曽祖父は幕末・明治維新で活躍した「佐賀の七賢人」の一人、鍋島直正(鍋島閑叟)です。歴史の教科書に出てくるほど有名ですね。


薩長土肥の「肥」はこの肥前佐賀藩の事で、この時の藩主が鍋島直正です。


息子の鍋島直栄さんが何をしている方なのか調べましたがわかりませんでした。おそらく音楽に携わる仕事をされているのでは思われます。

スポンサーリンク

鍋島直昶の家族構成

鍋島直昶の家系と家族構成


鍋島直昶さんの家族構成をまとめます。


父親は鍋島直顕さんと言ってバイオリニスト、母親はピアニスト治代さんで、音楽一家に生まれました。


生まれは1926年で東京都世田谷区三軒茶屋のご出身です。


4歳からバイオリンを上野音楽学校教授である大岡運英さんに師事し、13歳の頃にピアノを独学するようになります。



数々のバンドを経て25歳のとき、仙台米軍キャンプでエミール・リチャーズさんと出会い、2年間ヴィブラフォンの師事を受けました。


その後はヴィブラフォン奏者として関西を中心に活躍しています。


1995年4月から1997年まで関西テレビ「ワンダラーズ」にレギュラー出演し、1997年10月からは「クロスファイアー」にレギュラー出演もしていました。

世界最高齢バンドとしてギネスに登録

鍋島直昶の家系と家族構成


関西ジャズ界の重鎮として活躍していた大塚善章さん、宮本直介さんらと共にトリオを組んでほしいというファンの声を聞いて、2008年の敬老の日に「ゴールデン・シニア・トリオ」を結成します。


鍋島直昶さんは当時81歳でした。


2015年7月には「世界最高齢のバンド」としてギネスブックに認定されています。


その後2018年に体調不良でバンドは解散しました。


2020年コロナウイルスに感染しお亡くなりになりました。鍋島直昶さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク