時事ニュース

森会長の後任は誰で女性が有力?橋本聖子か丸川珠代か!豊田真由子も?

森喜朗会長の後任は誰

森喜朗オリンピック・パラリンピック組織委員会会長が、辞任することがわかりました。

当初は川淵三郎さんが後任で話が進んでいましたが、森喜朗さんが指名した選定方法に世間や政府から苦情が相次ぎ白紙撤回になっています。


森喜朗会長の後任は誰になるのでしょうか。橋本聖子さんや丸川珠代さん、意外なところで豊田真由子さんの名前などもあがっています。世間の声を調査しました。

スポンサーリンク

森喜朗会長の後任は誰?

森喜朗会長の後任は誰


森喜朗五輪組織委員会会長が、都内で行われた理事と評議員を集めた合同懇談会で、女性蔑視ととられる発言の責任を取り辞任を表明しました。


川淵三郎さんが公認候補に挙がっていましたが、森さんによる後継指名や川淵三郎さんの森喜朗さんへの協力依頼の発言などで批判があつまり辞退することになりました。


新たな後任は誰になるのでしょうか。辞任になった経緯から、一部では後任の会長には女性を求める声が集まっています。

スポンサーリンク

森喜朗会長の後任は橋本聖子?

森喜朗会長の後任は誰


後任の会長で最も有力と言われているのが、橋本聖子五輪担当大臣です。


衆議院本会議での質問には、

「『橋本大臣に白羽の矢が立つ可能性』という報道があるが、お願いをされたら受けるのか」と質問されたのに対し「報道等については全く今の段階では承知していない。組織委員会や評議員会などの場で、しっかりとした議論がなされると承知している」

と回答し、否定も肯定もしませんでした。


もし橋本聖子さんが会長になった場合は、五輪担当大臣を辞任することになるので、新たな五輪担当大臣の擁立も必要になってきます。

森喜朗会長の後任は丸川珠代か豊田真由子?

森喜朗会長の後任は誰


森喜朗会長の公認候補では、丸川珠代さんや豊田真由子さんの名前もあります。


丸川珠代さんは元五輪相、豊田真由子さんは衆院議員時代は内閣府政務官(五輪担当)を務めていました。


豊田真由子さんはまず無いと思いますけどどうでしょうか。

森喜朗会長の後任は誰


他には鈴木大地さんの名前も挙がっているようです。

会長候補で話題になっていますが、世間の多くの人はオリンピック自体の開催が難しいと思っています。


開催できなければ、後任の会長が誰であっても同じだといった意見が多く見られました。


日本が世界からどのように見られているのかと思うと、本当に残念です。

スポンサーリンク