スポーツ

三浦龍司(順天堂)Wikiプロフ!出身地や身長体重は?区間予想も!

順天堂大学の三浦龍司

17日に行われた箱根駅伝予選会で順天堂大学がトップ通過しましたね。


その中でもスーパールーキー三浦龍司さんが日本人トップの5位で走りました。


そこで順天堂大学の未来のエース三浦龍司さんのWiki風プロフィールで、出身地や身長体重をご紹介します。


また、全日本大学駅伝箱根駅伝での区間予想も勝手にしてみました。

スポンサーリンク

三浦龍司(順天堂)Wikiプロフィール

順天堂大学の三浦龍司


三浦龍司(順天堂)さんWiki風プロフィールをご紹介します。

  • 名前:三浦龍司 (みうら りゅうじ)
  • 身長:165 cm  体重:52 kg
  • 出身地:島根県浜田市
  • 出身高校:洛南高校 (京都府)
  • ベストタイム3000m障害:8分39秒49 (高校記録)


三浦龍司さんは島根県浜田市出身で、中学時代は800mや1500mで全国トップクラスの選手でした。


高校は陸上の強豪、京都の洛南高校に進学します。リオオリンピックの100m代表になった桐生祥秀選手の出身校ですね。


高校からはパリオリンピック出場を目指して、3000m障害を中心に練習しました。3年時は高校総体近畿大会3000m障害で、30年ぶりの高校記録更新となる8分39秒49を出しています。


三浦龍司さんは全国高校駅伝にも2年連続で1区を走っていますが、2回とも凡走しています。


長距離の適正に疑問符がついていましたが、今回の箱根駅伝予選会はハーフマラソンを好走して駅伝シーズンの戦力として大いに期待できそうです。


順天堂で3000m障害と言えば、大先輩の塩尻和也選手がいますね。大学在籍時に3000m障害でリオ・オリンピックに出場しました。


箱根駅伝でも1年生から4年連続で2区を走り、4年時は66分台で当時の日本人最高記録で走っています。

スポンサーリンク

三浦龍司(順天堂)の全日本と箱根の区間予想

順天堂大学の三浦龍司


三浦龍司さんは全日本大学駅伝と箱根駅伝でどこを走るのか区間予想してみます。


今年の順天堂大学は三浦龍司さんの他に、同じく1年生の石井一希さんなど粒揃いで2年生の下級生に強い選手が多く将来が楽しみです。


長門監督も箱根駅伝では主要区間に使いたいと発言しています。全日本大学駅伝でも同様でしょう。

長門監督は、「本戦では上位で戦えるようにしていきたい。三浦は起伏にも対応できるので、ポイント区間で使いたい」と箱根路での“本番”をまっすぐに見つめた。

引用元:月陸オンライン

全日本大学駅伝

今年の順天堂はそこそこの戦力ですが、ルーキーの三浦龍司さんはその中でもエース候補です。


7区か8区の主要区間だと予想します。優勝は難しいですが何人か抜いて上位に食い込む力はあると見ました。


長門監督の信頼も厚くアップダウンに対応できるのも魅力ですね。

箱根駅伝

順天堂大学の三浦龍司


箱根駅伝は1区か2区と予想します。長門監督は塩尻選手の時もそうでしたが、1年生でも2区を走らせるので大いに考えられるでしょう。


当初、三浦選手本人は6区を希望していたそうです。ただ、予選会の結果を受けて「1区2区を目指してもいいのかな」と気持ちが前向きになっています。

青山学院の原晋監督も以下のように発言しています。

順大と中大は本戦で5位、あるいはそれ以上を狙える力があると感じた。順大の三浦君は1区でも2区でも走れそうだ。大先輩の塩尻和也君(現富士通)をほうふつさせる。

引用元:スポーツ報知

原監督も昨年2区に1年生の岸本選手を起用して成功しています。


2区はまだ集団走になりやすいですので、下級生が上級生の後ろについて走ることが多いです。


最近は4年生が引っ張って、最後の坂で後ろにいた下級生のスパートに置いていかれるケースが目立ちます。


三浦龍司さんも2区ならラストの坂まで先輩に引っ張ってもらって最後スパートしそうです。

さいごに

順天堂大学の三浦龍司さんについてご紹介してきました。


今年の順天堂大学はシード権を獲得できそうな戦力です。同じ1年生の石井一希さんも力があって下級生が面白いですね。


2,3年後はもしかすると優勝候補に上がってくるかも知れません。


三浦龍司さんのこれからの活躍に注目ですね!


三浦龍司さんと同級生のライバル、中央大学の吉居大和さんについてはこちら↓



スポンサーリンク