スポーツ

岩見秀哉(青学)のWikiプロフ!出身高校は?箱根駅伝の区間予想!

岩見秀哉のWikiプロフィール

箱根駅伝2021がいよいよ近づいてきました。区間エントリーが29日に発表されますね。


連覇を狙う青山学院ですが、岩見秀哉さんは実力や実績的に区間エントリーされる可能性が高いですね。


岩見秀哉さんと言えば、一昨年にブレーキをしてしまい連覇を止めてしまった事で有名になりました。昨年はリベンジに成功し優勝に貢献しました。


岩見秀哉さんのプロフィールや、今年は何区で走るのか予想してみました。

スポンサーリンク

岩見秀哉(青学)のWikiプロフィール!

岩見秀哉のWikiプロフィール


岩見秀哉さんのwiki風プロフィールをご紹介します。

  • 名前:岩見秀哉 (いわみ しゅうや)
  • 生年月日: 1999年3月24日 21歳 (2020年12月時点)
  • 出身:兵庫県神崎郡市川町
  • 身長:170cm  体重:52kg
  • 高校:須磨学園高校
  • 5000mベスト:13分45秒
  • 10000mベスト:28分49秒


青山学院の岩見秀哉さん兵庫県市川町の出身です。小学4年生から本格的に陸上をはじめ、地元のマラソン大会では5年6年と2年連続で優勝しています。

中学校では陸上部がなく、隣町の中学校で週5回練習していたそうです。中学でも兵庫市川マラソン大会で2連覇しています。


高校は兵庫の名門須磨学園高校に入学。全国高校駅伝は1年生で3区(区間21位)、2年生では4区(区間5位)を走っています。3年次は残念ながら出場を逃しています。


大学は原晋監督率いる青山学院に入りました。層の厚い青学ですが2年時に箱根駅伝へのテストレースになる世田谷246ハーフマラソンで(1時間03分13秒)2位に入り、メンバー入りしました。


当日は4区を走りましたが、低体温症の影響もあり相澤晃選手と館澤亨次選手などに抜かれて区間15位のブレーキになり箱根駅伝の優勝の逃す原因になってしまいます。

岩見秀哉のWikiプロフィール



昨年3年次では箱根駅伝の8区で出場。8区を昨年のMVP小松陽平選手と1秒差の区間2位の好走で青山学院の優勝に貢献し、リベンジに成功しました。


最終学年の今年は、始めて全日本大学駅伝を走り4区(4位)とまずまずの走りでした。

スポンサーリンク

岩見秀哉の箱根駅伝2021での区間予想

岩見秀哉のWikiプロフィール


岩見秀哉さんは箱根駅伝2021で何区で走るでしょうか。


個人的に8区か9区だと予想します。


原晋監督が箱根駅伝を2回経験している岩見秀哉さんを起用してくるのは間違いないと思います。


今年は全日本大学駅伝でも選ばれましたし4年生ですし信頼もしているでしょう。


8区は昨年好走した区間です。原晋監督は成功体験を重視するので同じ区間を走らせる可能性が一番高いですね。


今年も後半の遊行寺の登りをしっかりと走りきってほしいと思っているはずですし、ここで区間賞の走りを期待しいるはずです。


あとは9区でしょうか。原晋監督は9区に上級生を置く傾向があります。9区は復路で一番距離も長く、気温も上昇しているため地味ですがかなり厳しい区間です。


ここに実績のある岩見秀哉さんが置ければもしリードされていても逆転出来る可能性を残せます。

まとめ

岩見秀哉のWikiプロフィール


青山学院の岩見秀哉さんについてご紹介してきました。


先程も書きましたが箱根駅伝を2回経験しているのは大きいですね。往路の4区は失敗しているのでおそらく走らせないでしょう。


単独走でも力を出せる岩見秀哉さんも重要な戦力になります。今年も岩見秀哉さんの箱根駅伝での活躍を期待したいですね。

スポンサーリンク