時事ニュース

クラスターが発生した都立高校はどこ?運動部は何部?非公表に疑問の声

クラスターが発生した都立高校はどこ

東京23区にある都立高校で初の大規模クラスターが発生しました。先生と生徒45人のコロナウイルス陽性が確認されています。


8日まで休校となりました。感染したのは泊りがけの部活動だったようです。


クラスターが発生した都立高校はどこなのでしょうか。また、運動部は何部なのでしょうか。


公表しないことに対す疑問の声も上がっていますのでご紹介します。

スポンサーリンク

初のクラスターが発生した都立高校はどこ?運動部は何部?

クラスターが発生した都立高校はどこ


初のクラスターが発生した都立高校は23区内のようです。


都立駒場高校や、都立小山台高校などが挙がっていますがどれも信憑性がなく違うようですね。


2つの運動部でクラスターが発生していますが、具体的に何部なのでしょうか。


12月に千葉県の市立船橋高校のバスケットボール部でクラスターが発生しており、バスケ部ではないかとの意見がありました。

スポンサーリンク

クラスターが発生した都立高校はどこ?非公表に疑問の声

クラスターが発生した都立高校はどこ


都立高校がどのなのか公表しないことに疑問の声もあがっています。


先程の市立船橋高校などは公表しています。


どこかわからないと、近づかないようにするなどの防ぎようがないですからね。


公表しない理由は一斉テストが受けられなくなるからと言う意見もありました。

さいごに

今回のクラスターは、泊りがけの部活で起こったとの事で批判が集まっています。


また、高校生など子供は感染しても重篤化せず油断してしまった可能性もあります。


先日の箱根駅伝では自宅で応援するように陽性があったにも関わらず、多くの観客が沿道で応援し問題になりました。


GOTOトラベルもそうですが、多くの人が自粛生活をしている中、一部の人が守らずに得をする不平等が起こっています。


自粛ではなく強制的な方法も検討する時期に来ていると思います。

スポンサーリンク