アナウンサー

赤江珠緒のコロナの病状は?自宅療養で娘は陰性!感染経路は報ステ?

赤江珠緒

フリーアナウンサーの赤江珠緒さんが、PCR検査の結果コロナウイルス陽性であった事を発表しました。

2歳になる娘は陰性とのことです。

先日コロナウイルスに感染した赤江珠緒さんの夫は報ステのディレクターで、富川アナとの接触が確認されています。


赤江珠緒さんの病状と感染経路について調査しました。

スポンサーリンク

赤江珠緒のコロナの病状は?

赤江珠緒

赤江珠緒さんが新型コロナウイルス陽性である事を発表しました。

赤江珠緒のPCR検査結果が出ましたので、ご報告致します。

赤江珠緒本人は新型コロナウイルス「陽性」。娘は「陰性」でした。

 
4月15日に発症。今のところ自宅で療養中です。

念のため11日以降は家族揃って社会活動を一切止めておりました。

TBSラジオホームページより


赤江珠緒さんの病状ですが「15日に発症」とありますので、発熱などの症状はあったと思われます。

「今のところ自宅で療養中」の事ですので現在は軽症なのだと考えられます。


赤江珠緒さんですが、夫の感染が判明した際に「家族が感染した立場からいま準備しておくこと6か条」をレポートとして発表しています。

  1. 2週間分の隔離生活の用意をスーツケースなどに
  2. 家を片付けて、できるだけスペースを作っておく
  3. 玄関前に食品など、必要なものを届けてくれる存在の確認
  4. 置き薬
  5. 親が共倒れになった場合の子供の面倒
  6. PCR陰性又は回復後の世間の理解


自分が感染する事を覚悟していたようでしたので、しっかりと準備はされていると思われます。


新型コロナウイルスの重症者は5%ほどですが、インフルエンザと比べると致死率はかなり高いので安心はできませんね。


ただ、今回陰性だった2歳の娘さんの面倒を誰がみるのか気になりますね。

スポンサーリンク

赤江珠緒の感染経路は報ステ?

赤江珠緒

赤江珠緒さんの直接の感染経路は夫でほぼ間違いありません。


赤江珠緒さんの夫は4月11日からコロナウイルスに感染で療養中ですが、感染が判明してから赤江珠緒さん自身も自宅待機していましたので原因が特定できます。


夫と同居している赤江珠緒さんは濃厚接触者になります。当然ですが、家族間の感染は防ぐのが難しいです。

赤江珠緒さんの感染経路を辿っていくと、報道ステーションで働く夫と富川アナウンサーの接触に繋がります。


日程順位並べると、富川アナ(3日)ー報ステの夫(11日)ー赤江珠緒さん(18日)となります。


報道ステーションでは、赤江珠緒さんの夫以外にも番組スタッフが複数名感染していますので、ここがクラスターになった模様です。


富川アナがどこから感染したのかは不明ですが、報道ステーションに出演してしまったのが原因で赤江珠緒さん感染に繋がった可能性が出てきます。

まとめ

赤江珠緒さんの新型コロナウイルス感染についてまとめます。

  • PCR検査にて陽性を発表(娘は陰性)
  • 直接の感染は報ステディレクターの夫からでほぼ間違いない
  • 日程的に報道ステの富川アナが感染経路になった可能性が高い


赤江珠緒さんはTBSラジオたまむずびのパーソナリティとして人気も高く、心配の声が多く寄せられています。


一刻も早い回復を願っています。

スポンサーリンク